>>>在来工法<家ができるまで>


現在、一般に木造在来工法と呼んでいるのは、
日本古来の伝統木造建築の流れをくむものです。

「柱」という軸状の部材によって
建物を支えている在来工法は
伝統的な構法の基本的な性格をそのまま引き継いでいます。

コンクリートの基礎に木の土台を置き、
その上に柱と梁を組み合わせ、
現代では取付け金具を併せて使い、より強度を増し、
壁には筋違い、土台・梁・桁には火打ちなどの
斜め材を入れて安定させます。
強固になった軸組みに屋根を架け、
床を組んで壁を作るという工法です。




家は気候風土と長い生活の積み重ねの中からうまれてきた産物。
寒暖・日照・風雨・水・緑等の自然条件と
住む人に応じた家の工夫は大変重要です。
雨が多い日本の家は屋根が大きく、
座敷と座敷との間の仕切りは軽い襖だから、
夏になって襖をはずすと、
風は自由に通り抜けます。

このような構造は通風を考えてできた生活の知恵です。
日本の住文化は木を使うことで、
その知恵を受け継いできました。
その代表的な住まい作りが

 
です。



建物を建てる地盤を強固にするために石を敷いて突き固めたり杭をうったり
することを、「地業」と言います。
そしてその地業の上に据えられるのが「基礎」です。

現在の基礎はコンクリートで作られています。
それ以前でのこの基礎は玉石でした。
隣同士がばらばらなので、柱が不動沈下したり、地震の時には柱がずり落ちたり
したため、現在では、布基礎といってひとつづきになったもので、かつ
コンクリート造にすることになっています。

基礎で重要なことは、床下換気口をつけることです。
床下は湿りがちなので、床下の換気をよくして乾燥状態をたもつことによって、
床下まわりの木材を腐朽や蟻画害から守り、建物を長持ちさせるのが、
床下換気口の役目です。


「土台」は基礎の上に載っている水平の木材です。
ここから木造の部分がはじまります。
土台の最大の役割は、コンクリートでできた基礎と木材でできた柱を
スムーズにつなぐことです。
したがって、強さはあまりいりません。
土台で大事なのは、腐らないようにすることです。
土台は木材としては一番下にあり、地面からの湿気の影響をもっとも
うけやすいうえに、コンクリートと接しているので、湿りがちになります。
そこで、土台には腐りにくい木材を使う必要があります。


土台には、火打土台と呼ばれる斜めの材がついています。
土台の隅や、土台どうしが交わるところにつけられていて、
土台が平面的にゆがまないようにするものです。


柱には構造柱と化粧柱があります。
構造柱という言葉はあまり使いませんが、建物を支える役割をしているものです。
この柱を切ったり抜いたりすると、建物が傾いたりゆがんだりします。
これに対して、化粧柱はいわば飾りの柱で、代表的なものは床柱です。
多くの場合、天井裏で切れていて、上の荷重をささえているわけではありません。

和風住宅の柱は、たいていの場合、構造と化粧とを兼ねています。
上の荷重を支えているので、当然構造柱ですが、日本の木造建築は真壁で
その柱が見えるので、化粧柱であることも必要です。

構造柱には、通し柱と管柱の区別があります。
通し柱は、二階建の一階と二階をひとつづきに一本の柱としたものです。
二階の四隅の柱は基本的には通し柱にすることとなっています。

通し柱に対して、管柱は一階ごとに切れている柱のことです。
したがって、一階と二階の管柱の平面的な位置は、そろっているとはかぎりません。

そして最後に間柱。文字通り柱と柱の間に立っている細い柱のことです。
間柱の主な役割は、壁の下地を構成することです。
柱と柱の間隔は狭くても半間つまり1メートル近くあるので、
中間の支持材として間柱を入れます。


壁の仕上げには、真壁と大壁の二種類があります。
真壁は柱が見えるもの、大壁は柱が見えないものです。
おおざっぱにいうと、和風では真壁、洋風では大壁ということになります。
伝統的な構法による真壁は、湿式の工法によるもので、たとえば
「貫ー竹小舞ー土壁ー漆喰塗り上げ」という構成になっています。


「筋交い」は、地震や風による水平力に抵抗するためのもので、いってみれば、
あらかじめ建物に組み込まれたつっかい棒です。
耐震や耐風のためにひじょうに重要な部材です。


建物の外まわりで、一階と二階の管柱のあいだにはさまれた水平の材を胴差と呼びます。
二階の床をつくるために必要な部材です。
また、二階の柱の上に載っている水平の材を軒桁と呼びます。
小屋組をのせるために必要な部材です。


床の支え方は、一階と二階とで基本的に違っています。
一階の床下は地下室がなければすぐ地面なので、床も直接この地面から
支えることができます。
まず束石の上に床束を立て、その上に「大引」と呼ばれる部材を載せます。
その役割は二階の梁に相当するものですが、短い間隔で束に支えられているので、
太い必要はありません。

床板を張るためには、この大引の上に床根太を渡します。
根太は、断面が4〜5センチ角くらいの細い棒です。
これを、30〜45センチほどの間隔で並べます。

二階の床はその下に一階の部屋があるので、どこででも支えるというわけには
いきません。そこで、太い「床梁」を架け渡します。
床梁の上に根太を載せ、床板を張るのは、一階の床と同じです。


床のたわみと傾斜は、住宅の居住性能上重要な問題です。
床梁は強度的には十分でも、たわんだり揺れたりするおそれはあり、
これは剛性の問題です。
ただし、これで不快に感じないかどうかは個々の人の感覚によるもので、
難しい問題です。


現在の在来工法でもっとも広く採用されているのは「和小屋」です。
和小屋は、屋根の重さを「小屋梁」で支えます。
そのために小屋梁には、太い木材を使います。
また、ふつう小屋梁は天井裏に隠れて見えないので、見かけのよしあしはどうでもよく、
強ければいいので、しばしば松丸太が使われます。
いわゆる三角屋根をつくるためには、この小屋梁の上に小屋束を立て、
その上に横材を載せます。
まんなかの一番高いところに載る横材を「棟木」と呼びます。
これを載せると、木造住宅の骨組みが完成するので、とくに「棟上」と呼んでいます。
このように棟上は、建物を建てる過程での大きな節目になるもので、
そのとき「上棟式」という儀式を行う習慣があります。


日本の木造住宅で見られる屋根の形は、ほぼすべて次の三種類のうちのどれかです。
屋根の端を切り落とされた形の「切妻」は日本国中で一番多い屋根の形です。
「寄棟」は屋根の一番上にある水平の棟、すなわち大棟から四隅に向かって
棟がおりてくる形の屋根です。
「入母屋」は広辞苑によると「上部は切妻のように二方へ勾配を有し、
下部は寄棟造のように四方へ勾配を有する屋根形」とあります。
豪壮な木造建築には、入母屋の屋根をもつものがたくさんあります。
日本の住宅は複雑な屋根をもつものがたくさんありますが、
たいていはこれらの屋根が複合したものです。
複雑に折り重なった屋根は、日本の建築文化のひとつの表現といってもいいものです。



在来工法 介護リフォーム 施工例 会社案内 お問い合わせ 表紙に戻る

〒598-0021 泉佐野市日根野3047  有限会社 泉屋建設 
TEL 0724-67-0415 FAX 0724-67-2020
 E-Mail cad@izumiya-k.jp