玄関は生活の範囲を広げる為に重要な空間です。外出が可能になることは社会とのつながりを保ち、意欲の向上にもつながります。安全に外出する為には段差の解消、クツ着脱の為のスペースの確保、収納スペースの確保、滑り止め・補助手すりなどの工夫が必要です。
赤い文字が介護保険を使える工事(黒字は同時に行うと改修の効果が高い工事)

参考資料:

「介護保険における住宅改修/実務解説」
財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
上がり框に式台設置 手すり、上がり框に式台設置


廊下は住宅内の各部屋を利用する為の重要な移動スペースです。自立する為には行きたい部屋に、不自由なく行ける事が大切です。安全に移動するには段差の解消、滑り止め、補助手すりなどの工夫が必要です。
赤い文字が介護保険を使える工事(黒字は同時に行うと改修の効果が高い工事)

参考資料:

「介護保険における住宅改修/実務解説」
財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
手すりの取り付け スロープの取り付け(段差解消)


トイレの利用頻度は高齢になるとどうしても多くなります。適切な器具をつけることで、トイレまで安全に行くことができ、又介護負担を軽減できる環境を整えることが大切です。自立の為には段差の解消、換気・暖房設備・補助手すりなどの工夫が必要です。
赤い文字が介護保険を使える工事(黒字は同時に行うと改修の効果が高い工事)
その他支給対象外の工事
●増築・拡張(便器を交換する場合は便器のみ)
●押入れ改装トイレの新設(床と扉だけが対象)
●トイレの壁の撤去
●手洗器やカウンタの撤去や設置

参考資料:

「介護保険における住宅改修/実務解説」
財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター
手すりの取り付け(立ち上がり補助) 便器の取替え(及び段差解消等)


浴室・洗面所は身体と精神をリフレッシュする為の重要なスペースですが、転倒や溺れるといった事故などが多い場所でもあります。安全に入浴する為には、段差の解消・滑り止め・介護器具の選定、補助手すりなどの工夫が必要です。
赤い文字が介護保険を使える工事(黒字は同時に行うと改修の効果が高い工事)
その他支給対象外の工事
●浴槽の向きの変更
●洗面台の交換、改修、位置変え
●水栓金具の交換(段差解消に伴う場合は可能)
●洗濯機パンの位置変え
●シャワーの追加

参考資料:

「介護保険における住宅改修/実務解説」
財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター

上記は一般的な内容であり、保険対象工事には条件があります。
詳しくは当社までお問い合わせ下さい。