*1割の自己負担は必要
住宅改修とは、手すり取付や段差解消の工事等により、要介護の方の自立を助け、QOL(生活の質)を高める事を目的とした改修工事を行うサービスです。住宅改修の支給限度額は、要介護度に関係なく20万円までとなっています。つまり、改修費用のうち20万円分までは住宅改修費の支給申請をすることができ、そのうち9割(18万円)が保険で支給されます。残りの1割(2万円)と、20万円を超えた部分の全額が自己負担となります。また1度の改修で全額を使いきらず、数度に分けて使うこともできます。<但し、例外がありますので詳しくはお問い合わせ下さい>




各市町村単位で住宅改修に対する助成金を支給しているところがあります。助成金の有無・金額は自治体により異なりますので、お住まいの地域でご確認ください。

介護保険では住宅改修の20万円以外にも、福祉用具購入で10万円(1年ごと)まで支給されます。その両方を上手に組み合わせることで、「住環境改善」のプランを考えましょう。
(1)手すりの取付け
【握りバー】【連続手すり】【サニタリー用(トイレ・バス)握りバー】
【トイレガード(固定)】【外構手すり】
(2)段差の解消
【フローリング材】【浴室ドア】【浴槽(洗い場との段差)】
(3)滑りの防止及び移動の円滑化等の為の床または通路面の材料の変更
【フローリング材】【ユニットバス床材)】
(4)引戸等への扉の取替え
【浴室引き戸】【引き戸全般】【外付け引き戸】
(5)洋式便器等への便器の取替え
【洋式便器全般】
>>>場所についての詳細はここからどうぞ

※介護保険の給付につきましては、改修の部位や内容が各市区町村により異なりますので、ご確認ください。