階段などでよろけたり、ちょっとした段差でつまずいたり。年齢を重ねると、運動能力や感覚機能の低下など身体の機能には様々な変化が生じてきます。家庭内での事故死の状況をみると、浴槽での溺死や転倒、階段からの転落などの事故が多く、住宅環境に大きな原因があるといえます。とはいうものの、事故を恐れて身体を動かさないでいるとさらに体力を低下させ、日常生活を楽しむこともできなくなってしまいます。不都合や不便を感じたら、住宅改修を考えてみませんか。

階段や框、敷居などの段差はつまずきや転落を招きます。特に高齢者の場合は骨折の原因となり、寝たきりになることも。段差を解消する、手すりの取り付けや滑りにくい床材を使用するなどして、姿勢が安定するように配慮することが事故防止につながります。
自力で起きるのがつらい、介助を頼むのがおっくう、という悪循環で活動度が低下すると寝たきりになってしまう可能性も。住宅に少し手を加えることによって自分でできることが増えれば、行動範囲が広がり、元気に生活できます。
自分一人で移動できないとなると、介助をする人が必要となります。しかし動きにくい住宅や人力だけに頼った介助は、肉体的にも精神的にも介助者に負担がかかりがち。介助のしやすさを考えた住まいの改善や補助具の活用で、介助者の心身の負担を軽くできます。